Home

Historic Cambridge ~ Heritage Days

ボストンの歴史

005

 

ボストンという名前の都市はご存知だと思います。アメリカのマサチューセッツ州にある港湾都市です。ボストンを含むこの一帯はニューイングランドと呼ばれおり、アメリカ合衆国の最も古い地域です。その前の由来は、イギリスで入植者が募集されて移住が始まった事によります。その後のアメリカ独立戦争の時には、その始まりの中心的な所になっています。その事もあり、フリーダムトレールには赤い線が引かれ史跡として観光の目玉になってます。ボストン自体も「ボストン虐殺事件」、「ボストン茶会事件」などで有名な地名ですが、その他、有名な地名としては「レキシントンの戦い」のレキシントンなどがごく近くあります。また、この辺りは、古いイギリス風の狭い間隔で建物が並び、広い街という典型的なアメリカの景色とは異なった風情を醸し出しています。また、この地域はアメリカ発祥の地として、近代の遺跡とも言える様々のものがあります。例えば、ボストンから近隣の都市であるケンブリッジまで、アメリカで最初の地下鉄が作られました。この名前と聞いて、イギリスのケンブリッジを思い浮かべる方がおられると思います。実は、アメリカでのこの地名はイギリスのケンブリッジにちなんで付けられたもので、以前は、ニュータウンと呼ばれていました。イギリスのケンブリッジが大学都市として知られている様にアメリカの同じ名前のこの都市も大学都市としてして有名で、アメリカで最初の大学であるハーバード大学が作られています。色んな意味で、これら両都市には史跡が多数あります。

ハーバード大学

004

 

ケンブリッジという言葉を皆さんは1度はお聞きになったことがあると言えます。この言葉を聞いて真っ先に思い浮かべるのは、英国にある名門大学の一つと言われるケンブリッジ大学ではないかと言えます。ただ、実はアメリカ合衆国内にも、ケンブリッジという名前を持った都市が存在しています。アメリカ合衆国内だけではなく、世界の英知が集結する大学としても知られているハーバード大学は、実はこのケンブリッジというアメリカの都市内に存在している事でも有名です。この都市は、アメリカ合衆国東部に位置するマサチューセッツ州にある都市であり、多くの学問や文学を担っている大学都市としても知られています。特に、この都市にある世界最高の学び屋といわれているハーバード大学は、多くの優秀な学生の憧れの土地でもあり、現在でも我が国を初めとして、多くの学生がこの都市と大学で生活をしております。この都市は、このハーバード大学という大学だけではなく、様々な古くからそびえたつ多くの建物を巡る観光都市としても知られています。ハーバード大学の建物や図書館なども、大変有名な観光スポットですし、MITと呼ばれる、いわゆるマサチューセッツ工科大学の博物館なども、そんな観光スポットの一つとして人気があるのです。更には、都市全体がとても自然を大切にした作りとなっていることもあり、日々、学生だけではなく多くの観光客や住人で賑わっているといえます。様々な魅力を持ったアメリカの一都市として、現在でも人気を誇っています。

カレッジ

003

 

ケンブリッジには世界有数のトップレベル名門大学があります。ケンブリッジの名門大学はノーベル賞の受賞者が多いことでも有名です。複数の学寮(カレッジ)が存在しています。全ての生徒(学部生や大学院生を問わず)は、必ずどこかの学寮(カレッジ)に所属する必要があります。各学寮(カレッジ)においては、代々固有の財産や安定した収入があります。いわば、独立王国の様なスタイルです。歴史のある学寮(カレッジ)になる程、資産及び収入が多いことに繋がります。以前は各学寮(カレッジ)において強い専門性や学問分野、特徴などがありましたが、現在においては学寮(カレッジ)を問わず比較的さまざまな分野について勉強を行う学生や研究者が集まっている傾向にあります。分野を超えた人間関係をつくることによって、知的なフォーラムや学際的な研究などが生まれる可能性が高いことや、スポーツや文化活動などについて切磋琢磨が行われるシステムとなっています。固有のルールやしきたり、慣習などがある点が特徴的です。固有のルールやしきたり、慣習などは、数百軒の時を経た大学改革によって、徐々に姿を消したものの、現在でも一部のルールやしきたり、慣習などが残っている場合があります。入学者の選抜は学寮(カレッジ)ごとに行われます。試験成績の他に、面接試験が行われる場合が基本的です(一部の学科を除きます)。授業は、学部や学科の提供する講義形式と、個人又は少人数形式があります。

ケンブリッジと大学

002

 

ケンブリッジにある有名大学では、学部生の教育においてカレッジが重要な役割を持っています。大学院生の場合においては、学部や学科(研究科)が責任を担っています。ケンブリッジの有名大学において、大学院入学者の選抜時には、第一義的な権限が専門の研究科にあります。研究科から入学の許可を得た段階で、どのカレッジに配属されるかが決定することとなります(ちなみに全ての学生がカレッジに所属することとなっています)。修士課程や博士課程の初年度は講義が行われますが、中心的となることは個人又は少人数の授業であるスーパービジョンです。基本的に一対一で行われることが原則的です。カレッジの存在意義は、福祉や社交、寝食の場の提供であることが一般的です。ケンブリッジにある世界有数の大学は、世界で有名な大学の一つです。さまざまな国からの留学生が多いです。学生の留学だけではなく、研究者同士の交流が盛んである為、在外訪問研究者が後を絶ちません。従来、各カレッジには学問分野や特徴がありましたが、現在においては基本的のどのカレッジであってもさまざまな分野において勉強を行う学生又は研究生が集まっています。分野を超えた人間関係が作られることが多々あります。学術的な研究や知的フォーラム、スポーツや文化活動における切磋琢磨などを自発的に行うことが可能となるシステムとなっています。カレッジは代々固有の財産や安定した収入があります。ある意味で独立王国とも言えるのです。

研究

001

 

ケンブリッジにある世界有数のトップレベルとして有名な大学においては、授業形式が大きく分けて二つあります。一つは、学部や学科が中心となり提供する授業は多くの学生が集まり聴講する講義形式の授業です。一つは、カレッジが責任を持って行う個人あるいは少人数形式の授業です(スーパービジョン)。科目ごとに存在している学習指導教員は、学部や学科から推薦された教員や研究員、大学院博士課程の学生の中から学生一人一人に対して指導教員を任命します。学部生の教育においては、カレッジが大きな役割を担っているのです。大学院生の場合には、研究科と呼ばれる学部や学科が責任や役割を担っています。大学院において入学者を選抜する場合の権限は、専門の研究科にあります。研究科から入学許可を得た後、どのカレッジに所属するのかを決定しているのです。研究活動や勉学の中心はスーパービジョンにあります。大学院生のスーパービジョンの基本は一対一が原則的です。各研究科の責任で選択が行われます。大学院生におけるカレッジの存在意義は、福祉や社交、寝食としての場である傾向となります。ケンブリッジの有名大学では、学期が三つに分かれています。授業が行われる期間は各学期8週間となっています。世界においてケンブリッジの大学はトップレベルの有名大学である為、ヨーロッパやアメリカ、アジアやアフリカなど世界各国からの留学生が多い傾向にあります。研究者同士の交流も盛んです。

 

 

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top